私の車買い替え体験談

実は以前、私は日産のサニーに13年間位乗り続けていたのです。
結構いい車でしたし、周囲の評判も「日産の車で良かったのはサニーが最後」なんて言われる等、まあ良い方でしたが、しかし、流石に13年間も乗り続けているとあちこちにガタが出始めており、何かトラブルがあると対応を迫られると言った事が多かったです。
そう言えば、このトラブルで一番印象的だったのが、夜に車を運転しようとするとキーを回してもエンジンが始動しないというのがありました。
原因はバッテリーが駄目になっていた事ですが、その時は近くのホームセンターにあわてて自転車で向かい、弊店間際の店内でバッテリーを購入してそのまま帰宅。
そして暗い中、自分でバッテリー交換を行いました。
こんな感じで使っていたのですが、このサニーも車検の見積もりを取った時に60万円近い金額を提示されたと言うこともあり、新車に買い替える事にしたのです。
新車に買い換える際、トヨタ、日産、ホンダの3社のディーラーめぐりをしたのですが、その時に分かったのはトヨタが販売している車種の数が他の2社のそれを圧倒しているなと言う事です。
流石に販売台数世界一の自動車会社と言った所でしょうが、またトヨタでは丁度その時、ハイブリッドカー・プリウスの販売に力を入れている時期だったらしく、プリウスはいかがですか?とディーラーの店員さんに何度か薦められました。
その時、私もプリウスって燃費が良いんだよねえ等と思いながら、これの購入を検討したのですが、しかし普通のガソリン車との燃費の違いや私の年間走行キロ数、そして当初予定していたカローラ・アクシオとの価格差を考えると、結局カローラの方を購入した方がお得であると判明したので、結局こちらを購入しました。
ハイブリッドだからと言ってお得とは限らないって所ですね。
買い替えの時に参考にするサイト⇒http://kurumakaikaeguide.com/

自動車保険の見直しで快適な車生活を

あまり車に興味がない30代男性です。
興味はないけれど、車に乗るは苦ではないですし、 何より車がないと何かあった時に不便だなと感じて しまい、社会人になってからずっと車を所有しています。

今よりも若い20代の頃は、ドライブへ行ったり スキーに出かけたりと車が活躍するシーンも多くありました。
しかし、30代も半ばになってくると休日は家に居ることが 多くなり、何よりお酒を嗜むようになってしまったので 車でどこかへでかけるということが、めっきり少なくなりました。
週に1回車に乗るかどうかです。

そんな生活をしていると、気になってくるのが 車にかかってくるお金です。
ローンは払い終わっているので、ローンの支払を 考える必要はないのですが、その他にもいろいろと 維持するお金が必要です。
毎月の駐車場料金、毎年の車税、2年に1回の車検、 そして毎年の保険。
全て車を維持するために必要不可欠なものです。
しかも、車税や車検は値引くこともできません。
駐車料金は近隣の相場が大体決まっています。
1つ残りました。保険。保険の相場はどうなんだろう。
自動車を購入した際にディーラーに言われるがままに 入った保険は果たして相場通りなのでしょうか。

インターネットで少し調べてみるとわかりました。
ネット経由の保険で今と同じ保障内容でもっと安い 商品が沢山あるのです。
毎年保険は一括払いで、8万円程度でした。
車にあまり乗らないのでもっと安くできないかと ディーラーに相談しても、2000円安くなる程度 でした。
それが、ネットで最安値の保険を探すと、 一気に3万円まで保険費用が落ちたのです。
5万円浮いたのは大きいです。
何故今まで保険を見なおさなかったのかと 少しの後悔はありますが、これから10年、20と 毎年5万円浮くというのは中々愉快な話です。

キャンピングカーに興味が湧きます

我が家はドライブが好きであちこちへ出かけています。

色々な車があるので、すれ違う車を見ているだけでも面白いと思っています。

先日隣県で花火大会があったのでドライブがてら行ってきました。

もしかして駐車場が混むかもしれないと思い、少し離れたパーキングにとめて歩いて会場まで行きました。

すると、そこの駐車場はすごく広くてまだまだ余裕があったので、ここまで乗ってこれたなとちょっと残念でした。

その駐車場には多種多彩な車が止められていたのですが、意外とキャンピングカーが多いことに驚きました。

それまで何度かキャンピングカーを見たことはありますが、周りに所有している人はいないし、車内を見たこともありませんでしたから、実は人気があるとは知りませんでした。

キャンピングカーの横ではテントをはり、バーベキューをしながらビールを飲んでいる人たちが大勢いてすごく楽しそうでした。

テレビの特番や映画のワンシーンなどでキャンピングカーを見たことがありますが、車の中で生活できるというのはすごく面白そうだし、興味があります。

実際のところ、キッチンはどうなっているのか、トイレはどこにあるのか、ベットはどれくらいのスペースがあるのかなど知りたいことは沢山あります。

以前、テレビのニュースで災害に合った地域の人がキャンピングカーを選ぶケースが増えているという内容を思い出しました。

たしかに、普通車では寝るのは窮屈でくつろぐことはなかなか出来ませんから、キャンピングカーは魅力的だと思いました。

しかし、普段の買い物には大きすぎて不便を感じるかもしれないので、趣味を兼ねたセカンドカーにはいいと思いました。

第二の人生は田舎暮らしをする人も増えているので、我が家の場合はキャンピングカーライフもいいなと思いました。

洗車の注意点について、少し話してみる。

車が好きな自分としては、お天気がいいと洗車したくなります。
暑い中一生懸命洗車して、ピカピカになった愛車を見ると気分がいいんですよね。
それを眺めながらのビールなんて最高。(飲酒運転はダメですよ。)
でも、暑い日って本当は洗車しちゃいけないんです。

日差しが強くて気温が高いと、車のボディってカンカンに熱くなりますよね。
水をかけるからいくらか冷めるとはいっても、その熱は結構なもんで、洗車したそばから乾いていってしまいます。
そうすると、流れきれていないシャンプーの泡とか、均一に伸びきれていないワックスやコーティングなんかが、ボディに焼き付いてしまうんです・・・
そうするとシミになって、取り返しがつかないことになることもあるそうで。
だから、洗車をするときは、基本的には曇りの日がおすすめです。

じゃあ、夏はどうすれば!?
って思いますよね。
夏は、比較的涼しい早朝や午前中に洗車するのがベストです。
洗うときは、ルーフ洗って流して、ウインドウ洗って流して、ドアパネル洗って流して・・・と各パーツごとに行うのがおすすめです。
そうすると、うっかり乾燥してやばい!なんてリスクも減らせますからね。

ちなみに、洗車道具には少しこだわりがあります。
洗い終わって水滴を拭き取るとき、大判のマイクロファイバークロスでざーっと一気に拭き取るんです。
いままで小さいセームでキュッキュと拭き上げていたんですが、セームのキャパを超えた水がボディに残るのが気になってたんです。
大判マイクロファイバークロスだと、結構な量の水を吸い込むので、ボディに水の跡が残らなくて、すっきり!

まあ、作業終了後に非常にでかくてじゃまなんですけど、それは仕方ない。
洗車用品買いにいくことがあれば、見てみてくださいね。

無理な我慢をさせずにダイエットさせたいときのキャットフード

ペットは少しくらいぽっちゃりしていた方が可愛いような気もしますけど、明らかに肥満になってしまうと、健康面で心配になってしまいますよね。

そこで、肥満ぎみのネコちゃんにお勧めなのが、ロイヤルカナンの食事療法食「満腹感サポート ドライ」です。
飼い主を喜ばせる事に生きがいを見出す犬と違い、猫は運動によるダイエットはあまり期待ができません。
そうなると食事制限をするしかないのですが、いつものフードで量を減らすと、当然ネコちゃんはお腹を空かせてしまいますよね。
いくらダイエットの為だからと言って、空腹に苦しむ姿は見たくありません。

そこで、少量でも満腹感を得られる、食物繊維の豊富な満腹感サポートの出番です。
フードを取り換えた直後は、規定量だと物足りなさそうな素振りを見せますが、食物繊維が多いので腹持ちが良く、次第に規定量でも満足してくれるようになります。

与える量が減る事で、体に必要な栄養素が不足してしまっては困りますよね。
ロイヤルカナンの満腹感サポートは、ビタミンやミネラルの量を調整してあるので、少量でも必要な栄養素が不足しないように配慮されていますし、一般的なフードよりも高タンパクにしてあるため、筋肉量の低下を防ぎます。
脂肪の燃焼を助けるL-カルニチン、肝機能の向上やコレステロール値を下げるタウリン、代謝を向上させるアルギニン、代謝に欠かせないビタミンB群まで配合されているため、効率よく体脂肪を減らせるというのも良いですね。

ダイエットの影響で皮膚や毛並に影響が出るのも困りますよね。
オメガ3やオメガ6の必須脂肪酸、血管や皮膚の健康を維持するための銅や亜鉛、血液サラサラ効果や老化防止で有名なビタミンEで、体の中と外からキレイを保ちます。

食物繊維が豊富なので、便秘気味な子にもお勧めですよ。
更に飼い主に嬉しい消臭効果。
一般的なフードよりもかなり値は張りますが、ダイエットが必要な子、便秘気味な子、トイレの臭いが強烈な子に、ロイヤルカナンの満腹感サポートはいかがでしょうか。